新しい時間への旅立ち パレンケへの旅

マヤの叡智・古典マヤ遺跡 9日間の旅
2020年2 月 27 日(木)~3月 6 日(金)


「コズミック・ダイアリー」の著者、柳瀬宏秀とマヤに行く。
1952年 パレンケで
パカル・ヴォタンの墓が発見され、

マヤの預言が 読み解かれた。

「パレンケ」から
マヤの叡智に意識を合わせます。
この パレンケ・ツアー で
あなたの 人生が 変わる
人類が新しい時間へ旅立つ、
素晴らしい地球環境への旅立ちの意味を込めて、
パレンケへのツアーのご案内をお送りします。
2020年2月27日出発 9日間マヤの遺跡ツアー

 パレンケで、古代マヤの叡智に意識を合わせるのが、旅の中心です。

 

新しい時間への旅立ち パレンケへの旅

「コズミック・ダイアリー」の著者、柳瀬宏秀とマヤに行く。

2020年 マヤの叡智・古典マヤ遺跡 9日間の旅

                   2020年2月27日(木)~ 3月6日(金)

パレンケ、テオティワカン、ウシュマル、カバー、チチェンイッツァ 古典マヤの時代の遺跡から、マヤの叡智に意識を合わせます。



マヤの叡智は、天文学と数学。
そこから生まれたマヤ暦による「時間と宇宙の認識」は、
BC3113年にこの文明が始まったことを伝え、新しい時間の概念を伝えた。
古典マヤの叡智が、預言として蘇ったのは、1952年パレンケのパカル・ヴォタンの墓が発見され、
その碑銘の神殿の隠されたメッセージを、ホゼ・アグエイアス博士が読み解いた時です。

 

1987年「マヤン・ファクター」で明かされた、マヤの預言に、世界の知識人は震撼しました。
機械に支配され、お金儲けに必死となり、——それが、ルールにさえなってしまっている。
そんな世界で、もし、あなたが人生の意味を見つけたいなら、「マヤン・ファクター」は、地球規模でのこの愚かな行為に、光を投げかけてくれることになるでしょう。『マヤン・ファクター』は、1987年4月に出版され、きわめて斬新な内容だったため、センセーションを巻き起こしました。*
『マヤン・ファクター』は、時間を直線ではなく周期的なものとしてとらえるという新たな展望を切り開いた。そして、西洋の知識人に新たな宇宙意識に目覚めるきっかけとなった。
『マヤン・ファクター』は、マヤ暦を、単にユニークな時間の記録方法としてではなく、もっと重要な知識体系として紹介したために、実際に欧米人の意識に変化をもたらしたのです。マヤ暦もマヤの預言も、それまではほとんど知られていませんでした。
そして、このとき初めて、2012年12月21日というマヤ暦の日づけが多くの人に意識されたのです。紀元前3113年8月13日に始まった「マヤの大周期」がまもなく終わるという事実に基づいています。
この大周期が、実際に歴史のはじまり——エジプト第1王朝とメソポタミアの最初の都市のはじまり—を開始点としていたため、西洋の知識人は震撼したのです。
そのマヤの叡智を、人類が身につけるために

「13の月の暦」を提唱したのが、マヤ暦の第一人者ホゼ・アグエイアス博士です。



柳瀬宏秀氏は、ホゼ・アグエイアス博士の唯一の代理人であり、
13の月の暦の公式ダイアリー「コズミック・ダイアリー」(1998年から22冊)の著者。

   

2008年0.0.フナブ・クの日に、ホゼ・アグエイアス博士から伝承者として引き継ぐ儀式を受けた柳瀬宏秀氏とマヤに行く。

「新しい時間への旅立ち」の旅です。

柳瀬氏にとっても、2005年、2012年以来、8年ぶりのマヤへの旅です。
0.0.フナブ・クの日という特別な日に、パレンケに行きます。
0.0.
古典マヤの時代、435年ー830年に最盛期だった、マヤの人たちがつくったマヤ暦。
このマヤ暦の叡智を読み解きながら、進化の道を辿ります。

マヤの遺跡に、
マヤ暦の叡智とともに、旅立ちませんか?




このツアーのプラス特典

1.「パレンケで、特別セミナー」「個人セッション」を行います。

        1952年前にパレンケの遺跡から、パカル・ヴォタンの墓が発見されたことによって、マヤの叡智が再び、

   この世に出ることになった。パレンケはそういう場所、遺跡です。


   その日から、74回目のツオルキン(マヤの神聖暦)260日周期(19240日目)の日に、
   2005年、ホゼ・アグエイス博士と柳瀬氏はパレンケに行き、奇跡が起きる。

   2012年、マヤの長期周期が閉じる年に、再び、パレンケに行き、0.0.フナブ・クの日にパカル・ヴォタンと交信する。


   2020年、特別な日に、0.0.フナブ・クの日に、パレンケに、
   高次元にアクセスする叡智を身につけた仲間と、一緒に行きます。
   その周波数の中で、ご一緒に、パレンケで、古典マヤの時代に意識を合わせます。
   パレンケを含む、古典マヤの遺跡で5回のレクチャー。
そして、パレンケで、全員の個人セッションを予定しています。
   この旅は、新しい時間への旅、進化への旅になります。
   ガリレオの1000年前に、望遠鏡も、コンピューターもなしに、地球の公転周期を365.224日まで正確に測っていた
   マヤの叡智に、意識を合わせます。
   金属を持たずに、巨大なピラミッドをメキシコだけで2万もつくっていた叡智に触れます。

  マヤの預言の2つの大きな意味は
  1 時間は、宇宙の周期。時間を人類が取り戻す。
  2 高次元の時間。5次元時空間に生き、進化する。
                         という2つです。

    地球環境と、ホモ・サピエンスからのさらなる進化のために
    マヤの叡智に触れ、パレンケから祈り、進化を促します。
2.「コズミック・ダイアリー」 著者 柳瀬宏秀氏 同行
   世界にマヤ暦を広めたホゼ・アグエイアス博士は、
   2005年の特別な日に、新しい時間に日本人が旅立つ象徴的な意味を込めた日として選び、
   柳瀬氏とパレンケで、特別な日に、「特別セミナー」を、2005年に行いました。
         ・ホゼが柳瀬氏のことを語っている動画 https://youtu.be/_QC5yA31KnI 
   2008年、同じ特別な日に、ホゼ・アグエイアスと柳瀬氏は、伝承者としての0.0.フナブクの日の儀式を行いました。
   柳瀬氏は、2012年、パカル・ヴォタン、ホゼ・アグエイアスと継承された魂と交流するために

   再び、同じ日に、パレンケに訪れました。

   2020年、白い魔法使いの年に、パレンケに行き、

   5回以上のレクチャーと、マヤの叡智を伝承する「個人セッション」を行います。

*オプション
スケジュールに余裕のある方は、ツアーの後、1日−3日、カリブ海のリゾート地カンクーンで
海を見ながら、瞑想三昧の時間を過ごしませんか?
(柳瀬は、3日、ホテルを変え、同じカンクーンでも、違う海の姿を楽しもうと思っています)

3. 柳瀬氏が日本で行う講座へのご優待
   ZOOMで地球上どこにいても受講できる
  「白い魔法使いの「マヤの叡智」マスターコース」(1年間のコースで魔法使いになり始めています。途中参加)
  「マヤの叡智7days」(マヤ暦「コズミック・ダイアリーを使って進化します。今から参加可能)
   「パレンケ」講座 (パレンケの意味、預言を伝えます。行く前に受講)
   マヤの叡智「伝承者コース」(伝承者になってもらう、4月5月6月のコースです)
   に(ご優待料金で)参加できます。
   さらに、「SUPER  COSMIC BRAIN READING 宇宙脳読書」(叡智にアクセスして、20分で本が読め、
       深くわかるようになる)  にも、優待料金で参加できます。

・・・

・・・

「人生、一度の旅」
「マヤ」
「新しい人生」が、始まります。
申し込みたい方、ご興味がある方は

こちらのフォームから
お問い合わせください。

 

あるいは、メールをください。
cosmic-human12@syd.odn.ne.jp
055−974−3901 環境意識コミュニケーション研究所 柳瀬
12月23日までに、申し込み、あるいは、参加の可能性を把握したいと思っています。
よろしく、お願いします。

 


ツアーについて、
もう少し詳しく、聞きたい方には、
【Zoom「マヤの叡智」無料講座&説明会】

【マヤ遺跡 パレンケへの旅 新しい時間への旅立ち ツアー】説明会(Z
OOMでの無料セミナー)に、
ご招待します。

【コズミック・ダイアリー著者の柳瀬宏秀が伝える
   「マヤの叡智」無料プレ講座 & マスターコース説明会】
              ➕
【マヤ遺跡 パレンケへの旅 新しい時間への旅立ち ツアー】説明会

12月28日(土)20時ー22時
12月30日(月)20時ー22時

【参加費】無料【お申込はこちらから】
↓ ↓    ↓ ↓
https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1575344006dZmOhzOX


旅は巡礼です。

 

ただの観光ではなく、マヤの叡智に触れたい方
人生を変えたい方、
新しい人生を送りたい方

真のマヤの叡智に、
マヤの預言に、
マヤ暦の本当の意味に、触れてみたい方
上記、説明会にご招待します。


 

 


     

      パレンケ 碑銘の神殿

1952年6月15日にメキシコ、チアパス州のパレンケで、

謎に満ちたパカル・ヴォタン王の墓が発見されました。

パカル・ヴォタンの教えは、

地中に深く隠され、

ある時期に、発見されるように仕組まれた教えだったのです。

1260年前に仕組まれたマヤの預言が、この時から伝わることになるのです。

マヤの謎には、来るべき千年紀における

人類の命運にかかわる法則の手がかりが隠されていました。

だから、マヤの預言なのです。

 

     

      パカル・ヴォタン王

銀河系マヤ、パカル・ヴォタンが伝えたことは、

地球人が、マヤの知識の体系を学び、それを応用して

「新しい太陽の時代」の夜明けを迎えるために、

心と意識を研ぎすますことを、完全に意図していました。

マヤの預言は2013年以降の、

人類の意識の進化と、進化した人々の状態について、

明るいヴィジョンに満ちた展望を与えてくれます。

ただ、人類が、このチャンスを掴むには、

その準備を始めることが必要なのです。

そして、考古学者が読み解けなかった

マヤの叡智を読み解くことが必要でした。


それを読み解いたのが

ホゼ・アグエイアス博士でした。

      

 「13の月の暦」提唱者 ホゼ・アグエイアス

    KIN 11  青いスペクトルの猿

マヤ暦研究の第一人者。1987年『マヤン・ファクター』によって、その時間についての叡智と、2012年についての歴史的な見解を世界に発表し、世界の知識人を震撼させた。1987年8月16~17日に、地球規模の瞑想と惑星平和の催しであるハーモニック・コンバージェンスを生み出した。時間の法則財団代表。銀河研究所を設立。

シカゴ大学で芸術史と審美学の哲学博士号を取得。プリンストン大学で教鞭を取り、その後、カリフォルニア大学デイヴィス校やサンフランシスコ州立大学などで教える。芸術的な活動と科学的な調査研究から生まれた著作は、多くの言語に訳されている。『マンダラ』(青土社)、『女性は空のように広がる』、『時空のサーファー』原題「スユアの波」はユーミンの1997年のアルバムとなる(モデラート)、『アルクトゥルス・プローブ』(たま出版)、『時間とテクノスフィア』部分訳(タイム&テクノスフィア出版委員会 環境意識コミュニケーション研究所内)、『マヤン・ファクター新版』(三五館・環境意識コミュニケーション研究所)など。またステファニー・サウス著『2012年への進化 ホゼ・アグエイアス伝記』(三五館)がある。

2000年2月には、銀座での来日記念講演、「7デイズ・セミナー」。2001年7月25日、時間をはずした日に、天神祭りの祈りの中心、天満宮で祈る。また、中野ゼロで講演する。2004年4月文京シビックホール他、全国7箇所で「On the Road to 2012」と題して講演、セミナーを行う。2005年11月に来日、「富士山リーダーシップ研修」、講演などを行う。「ヌースフィア」への移行という2012年のマヤの預言の意味を伝えるために、2008年に9度目の来日。2011年3月23日、安らかに地球を旅立つ。

 

柳瀬宏秀は

「コズミック・ダイアリー」著者です。

22年間、22冊執筆しています。
1987年から世界にマヤ暦を広げたのが、ホゼ・アグエイアス博士です。
1997年 来日したホゼ・アグエイアス博士が、シンクロにように我が家に来て、

「13の月の暦」を広めるにはどうすればいいか?」とホゼから

相談されたのが、「コズミック・ダイアリー」が生まれたきかっけです。

「コズミック・ダイアリー」は13の月の暦(マヤ暦)の公式ダイアリーです。
ホゼの長年の友人であり、何度も一緒に講演し、何度も自宅にも招待され、  パレンケにも一緒に行った、


柳瀬宏秀は、唯一のホゼ・アグエイアス博士の代理人です。

  プロフィール   http://cosmic-diary.jp/cn7/hirohideyanase.html

著作

「コズミック・ダイアリー2020」
「マヤの叡智の常識」
「マヤン・ファクター新版」監修/翻訳

「マヤの叡智と日本人の魂の融合」
『初詣の 願いを 祈りに』
『9.11人類が、正義という呪縛から解き放たれるために』

http://store.cosmic-diary.jp/

今、マヤ暦を占いだと思っている方が多いのですが、
それは、間違いです。

あなたは「コズミック・ダイアリー」を使うことで
日々の生活の中に、宇宙のリズムを
この地球の「自然のリズム」として取り戻します。

「コズミック・ダイアリー」は、
あなたの心のなかの枠組みを変え、
根本的なパラダイムシフトを引き起こします。

あなたを、人類を進化に向けてナビゲートします。